月刊シナリオ教室 2010/9

8月号に引き続き9月号も新宿ジュンク堂にて購入。
毎月28日発売やから、今月は土曜やし、27日(金)
には発売されてるのかと思い行ったら、まだなかった。
店員さんに聞いたら、シナリオ教室ってどうもシナセンの方
(かも?)が直接持ってくるらしい。
だからジュンク堂にしかないのかぁ、、、

「テレ朝~」の受賞作が掲載されておりましたが
いつも通りシナセン出身の方のみ掲載。もう1本も読んで
みたいのに。でもまだ他2本も読んでない・・・
大賞の該当作なしっちゅうことは映像化はなしってこと?

サマーセミナーの特集があったけど、こんなに参加者が多いとは
驚きでした。いやぁ、しかし朝から晩まで3日間シナリオ漬けって
のもすごいですね。でもなんか楽しそう・・・
来年は参加したいけど、できるかなあ。

今回また20枚シナリオ習作集が掲載されていたけど、これらの
作品を読むたびに、自分の課題で書いたシナリオがカスに思え
てしまう。掲載されるだけあって、どれもおもろい!
やはり僕の発想力はとぼしいのか・・・

あ、新井一賞どないしよ。 まだ書いてない。締め切りは・・・
明日! やばい、、、ほんまに直接持ち込みになってもうたぁ、、
いや、完成できるのか? 今から書きま~す。
スポンサーサイト

修了証

シナセンの通信基礎科が無事修了しました。
最終課題の添削と修了証がいっしょに送られてきましたが、
表彰状形式(?)であり、え?手書き? と思いましたが、
それでも表彰状(?)なるものをもらうのも久しぶりでは
ありますので、うれしく思います。!(^^)!ヤッター

やはり通信教育でひとりでやっているのはツライ・・・
通信の12課題も大切ではありましたが、この前受けた
対策講座はかなりためになったので、やはり改めて本科は
通学にする意思が強くなっています。

WOWOWシナリオ大賞の受賞作を3作読みましたが、
どれもおもろいですね~。
どうやったらあんな作品を書けるのだろうか。
すべて読み始めたら完全にハマってしまいましたわ。
最終選考に残る作品ってどれもこんなレベルなんでしょうね。
”第2教室”の作者の方のコメントで、
「初めて書いたコンクールで1次選考を通過、案外ちょろいな、
3年もあればどうにかなるだろ、あれから10年経ちました」
うぅ~、やはり大変な道のりだぁ~、
でも負けずに書き続けていこう・・・
20枚シナリオ 新井一賞・・・ネタがない・・・


続・第35回創作テレビドラマ大賞

このブログを開設時に書いた第35回創作テレビドラマ大賞
のことですが、月刊ドラマにて一次選考の発表がありました。

祝! 一次選考通過です!

応募総数876編の内、通過作品242編のひとつでは
ありますが、めっちゃうれしい! ギガントうれしす!
こんなど素人が書いた作品を読んでいただけるだけで感謝
なのに、それを通過させてもらえるなんて、シナリオを学び
始めて約8ヶ月、こんなに感激したのは、はじめてっす!

しかしこのコンクールは複数応募ありなんですね。
同じ名前の人がいた。しかもひとりは3作品通過してるし。
別コンクールで受賞経験者の方も。 すごいなぁ~。

まあそんなことでたかが一次選考通過といわれそうですが、
僕にとってはこれを貴重な第一歩とし、今後も書き続けて
いきたいとあらためて思っておりやす。

めざせ、「20枚シナリオ 新井一賞」!
まもなく締め切りが・・・

誰も守ってくれない

今更ながら映画「誰も守ってくれない」を見ました。
この映画がやる前にドラマ「誰も守れない」を観たけど
もはや内容を覚えていない。

まあそれでもこの映画おもろかったです。キャスティングが
いいですね。松田龍平がいい。

オチはあいまいに終わってしまった感がありましたが
まあええでしょ。

最終課題提出!

苦節半年(ちょい過ぎ)やっと通信基礎科の12課題
すべて提出できました!

期限は過ぎてしまっていたのに延長の手続きも必要なく
シナセンの事務局のみなさんありがとうございます!
1,2課題位は大目に見ていただけるんですね。
いやいや、甘えてはあかん!締め切りが間に合わない
なんて反省せねば・・・

添削結果を楽しみに待っていますが、そういえば
シナセンもお盆休みではなかったかな・・・

『卒業』という課題であったのですが、テキストにも
あるように卒業式ではなく、別の意味での卒業を考え
書きました。20枚シナリオちゅうものは難しくもあり、
でもはまれば面白くなってくるのではと思います。

作品の評価に関わらず(←おいおい)これで修了証が
もらえれば、いざ本科コースへ! といいたいところですが
個人的な都合により、すぐに開始できない歯痒さが・・・
通学にしたいので、通えるような状況になるまでちょっと
間があくなあ。

なんかでもこの歳で、学校に通おうとしてることがすごく
うれしく感じてしまう。
勉強することは昔からあんますきとちゃいますが、すきな
ことにたいしての勉強はモチベーションがまた違うなあ。






月刊シナリオ教室 2010/8

シナリオ教室の8月号が発行されました。
先月で通信基礎科が終了(課題はまだ1つ残ってますが)
したので今月から自腹(?)で購入。
売ってる店が少ない、とういうかジュンク堂でしか
扱ってない。なので今回は新宿のジュンク堂で購入。

WOWOWシナリオ大賞の結果と優秀賞2作品が掲載
されてました。大賞作品はなぜか「月刊シナリオ」掲載と
ありましたが。3名ともシナセン出身の方なのに、なぜ?

しかし今回のこのコンクールも受賞暦がある方(2名)が獲って
ましたね。受賞式の写真だけで「あれ?この人見たことある」
と思いましたわ。またしても「憧れるわぁ~」です。
このコンクールってほんまにいろんな作品が選ばれるんやなと
思いました。大賞の方のコメントで「エグい感じがあるので
地上波でやるのはたぶん無理」とありましたが、まさにこの
考えで書くのがポイントなんでしょうね。

ただWOWOWにはいっていないので受賞作の映像は
見たことがない・・・

「20枚シナリオ 新井一賞」の募集がありましたが
これって本当はサマーセミナー受けた人が対象だったん
ですね。5年に一度、シナセンに関わった人が応募できる
みたいなんで基礎科が終了した(まだしてないけど)記念に
出してみよう!


Alice in Wonderland

最近テレビで「アリス イン ワンダーランド」DVDの
宣伝をよく見かける。

もう当たり前になってしまったけど、最近はどんな映画でも
すぐにDVDやBLになって発売される。こういう時に
いつも映画館てなんなんだろうと思うのは僕だけなのか?

6月1日映画の日に観に行ったような・・・
しかも「シャッターアイランド」と二本立てで。
その日は某ららぽーとの映画館に行ったけど、ガラガラ。
(↑そりゃそうやろ)
当日窓口にて2本ともチケットを購入。なぜか同じ1席が
すでに購入済み。劇場に入ると、案の定 それを購入した人
(中年女性)は同じ席にて僕と同じ映画を観ていましたが。
で僕もあやかって2本とも同じ席を購入。

まあ映画の感想はというと、「アリス~」は楽しめる映画
でしたわ。子供も見れる映画と思う。赤の女王がちょっと
気持ち悪かったけど。オキニはチェシャ猫。
ストーリーもはっきりしていて、あいまいな終わり方をして
いないのがGood!
ラストシーンにはそれは行き過ぎやろ!とツッコミましたが。
アリスの成長という意味ではええのかな。

「シャッター~」は観ている過程でなんとなくオチがみえてきた
けど、レオ様の演技はよかった。でもそろそろあういうオチは
限界では?僕的に飽きてきた感あり。
オチだけみると「シェルター」の方が好み。超常現象(?)というか
非現実的なことになるけど、それはそれでアリでいいのでは。

(「シャッター~」のオチとは少し異なるけど)夢でした!のオチは
もうええわ。最高だったのが「奇面組」でしょう。これ小学校の時
単庫本集めるくらい好きやったのに、最終回でそれはないわ!と絶叫した。






プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR