そろそろドラマが・・・

今クールのドラマも始まり、2,3話まできていますが、
見てるのは

・ビューティフルレイン
・東野圭吾ミステリーズ
・息もできない夏
・トッカン(まだ1話と3話をちょっとだけ)

ですかね。


・ビューティフルレイン

トヨエツ&中谷美紀なんでとりあえず見ました。
けっこうおもろいんでは。
めっさおっさん臭いトヨエツがGood!!!
うそでしょ、と思うくらい下町の工場にいない
美人の中谷美紀。でもそれがええ。
三浦翔平って最近ドラマでまくってるなあ。
なにやら視聴率でもめてるみたいですが・・・
泣ける子役とわかりきってしまうと、泣くシーンが
わざとらしく見えて、なんか感情移入できん・・・

でもやっぱり親子のドラマはどことなくうるっと
きてしまう。


・東野圭吾ミステリーズ

録画してたんで2話を先に見てしまった。
でも1話完結やから関係ないか。
『後味の~』と同じようなストーリー展開に
なっていますが、内容はやっぱりおもしろい。


・息もできない夏

正直ノーマークなドラマでしたが、えぐっちゃんが
出てるので見てみました。
えぐっちゃん&木村佳乃のGoodな配役のなか
武井咲ちゃんのしゃべりが気になってしまい
断念しそうになりました・・・
う~ん、愛と誠のような役があってるのかな?

でも、設定、展開がおもしろくハマってしまいました。

怪しげな要潤、正義か?悪か?北大路欣也、
えぐっちゃん あんたなんて優しい人なんだぁ

今後の展開が楽しみなドラマです。
結果、最終回には武井咲ちゃんサイコー
なんて言ってますわ


・トッカン

なぜか録画の3話を見始めてしまい、お、これは
おもろいやんけ!とハマりぎみです。
しかも、おもろい俳優さんばっかりでてるやん!

これから1話から見ていきます


それ以外は向井君のドラマも気になるところ
ではありますが、、、

GTO・・・どうなんやろ?
『イケメン~』での反省はしてないんやろか?
見ていないのでなんとも言えませんが
ヒットしたドラマをリバイバルするには
もう少し時間が必要なのでは?

中学時代、『白い巨塔』が再放送されたの見たんですが
田宮二郎なんて全く知らなかったのにめっさハマって
しまった・・・ 
中学生ながら悪役が主役のドラマに衝撃!

これも数年前、リバイバルされましたが、時代も
変わってしまったので、キャスティングがかわろうが
その時代のおもしろさがでていて、唐沢&江口版も
めっさハマりましたよ

前の配役の人が一線で活躍してたらやっぱキツイのでは?
でもそれを超えられたらすごいけど。









スポンサーサイト

月刊ドラマ 2012年7月号

先日買った『月刊ドラマ7月号』から気になる言葉が。

『生かすの殺すの”構成”次第・・・
~コンクールでどう印象に残すか?必要なのが”歪”感です~
~構成がしっかりと組まれドラマ(葛藤)が生まれていれば
自然とセリフは生きてくる~
~自分が伝えたい!という気持ちよりも”どうやったら、
受け取ってもらえるか”~
~ト書きは役者さんや監督につたわりやすいものを、お客さん
(視聴者)にはより印象に残るセリフを~』


自分が伝えたい!と思って書いているはずやけど、
全然、観る(読む)人にどう受け取ってもらえるか、なんて
考えていなかったですわ。。。

なんかそんなことを考えて書いていたこともあったかも
しれませんが完全に忘れていました・・・

そんな事を振り返り、イルミナ作品、書いておりましたが
相変わらず、ストーリーを書いているだけに思え、結果、
今年もまた参戦できず・・・

今年の最大の目標としていたのに・・・
何してるんやろ、俺・・・

また来年まで、この作品はお蔵入りとなってしまいましたが
なんかけっこう思い入れがあるネタになってしまったので、
納得がいくものが書けるまで、頑張ってみようと思います。

最近のシナリオコンクールの受賞者をみていると、けっこう
同じ名前があるような。ただ、こういう方って勢いだけでなく
(もちろんそれもあると思いますが)、しっかりと勉強してちゃんと
実力がついているんだと。

前にS1の公開講座で、浅田先生が、練習せずに試合してる
だけじゃだめ、と言っていたことを思い出します。
まさに今の僕です・・・

といいつつも、落ち込んでいてもしょうがないので、気持ちを
切り替えて次回へ望もうかと

(9/24)第23回シナリオS1グランプリ
(10/31)第6回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクール
(10/31)平成24年度 橋田賞新人脚本賞
(11/末)テレ朝(募集要項はまだ出てないけどあるはず)

結局シナセンには通うことができないので(でも通学あきらめてないよ)
コンクール作品を書きながら、今までやってきたことを振り返り
勉強していこうと思います

月刊シナリオ教室 2012/07

月刊シナリオ教室 7月号を購入しました。

早いもので、もう7月っすかあ、、、

第22回S1グランプリの最終審査結果がでてる
と思ったら、第23回の応募や、富士山・川口湖の
お知らせも・・・もうそんな時期かいな!

S1グランプリは今回グランプリがでず、厳しい結果に。
でも珍しく、シナセン以外の方も受賞してましたね。
その方の作品、タイトルとあらすじ見ただけで、めっさ
読みたくなりますわぁ。

池袋ジュンク堂にて購入しましたが、月刊ドラマに
『リーガル・ハイ』の文字をみつけたので、シナリオが
掲載されてたから、おもわず一緒に買っちゃいました

現在、函館港に向け、シナリオ創作中です。
しかし、時間がなさすぎ・・・

やれるとこまで頑張ります。つうか8月31日まで宿題を
しないので、今がその時かも。

これから秋にかけて、コンクールの嵐が・・・
橋田賞、新人シナリオコンクール、松田優作賞、WOWOW、、、

新人シナリオコンクールって去年は指定用紙じゃなかったっけ?
今年の応募要項をみるとなんでもかまへんみたいですね。

今年は橋田賞に参戦してみよっかなあ

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR