スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローグ・ワン

『ローグ・ワン』を見てきました。

12月に上映が開始されていたのに
全然見に行けかったんで、今日は
たまった振休の消化で休みがとれ。。。


ただ上映している映画館をさがすも
ほぼレイトショーばっか。。。

唯一午前中にやっている映画館を
見つけ行ってきやした。。。


感想は・・・


めっちゃおもろい! 
感動したー!



いやこれ名作でっせ。

スターウォーズファンじゃないと
話についていけないかもしれんけど
(スターウォーズファンじゃなきゃ
見にいかへん?)



<<以下ネタばれ含ます>>

平日の午前中なんで客少ないやろ
と思うもそこそこ人がおり。。。

同じように独りで見に来ているおやじと
カップルにはさまれた席で

隣のおやじの鼻息が荒いのが気になって
たけど、もう途中からそんなん気にならん
くらい夢中になってもうた。。。


はっきり言ってEP7の数倍おもろい

EP7はなんか祭り気分な映画でしたが
ローグワンはEP3->EP4への橋渡しを
見事に映像化してくれてます。


そしてあまりにも悲しい・・・

これほんまに人間を描いてる映画だと
思います。。。


ストーリーはEP4の冒頭、デススターの
設計図をどのように盗んだかというもの

でもこれEP4のすべての疑問の答えに
なってましたわ

デススターみたいな究極兵器がなぜ
ルークがはなった小さな爆弾で破壊
できたのか?

こんな伏線があったとは

ライトセーバーの秘密も少しあり


不可能なミッションに立ち向かう
ローグ・ワン(コードネームかな)チーム

それぞれの過去や生い立ちが
ミッションに参加することを決意
させる理由となり

EP4で 
~この設計図を入手するのに
多くの犠牲があった~ 

とあったので最後はあまりにも
悲しい結末でしたが


ラストは感動ものです

奪われたデータを取り戻そうと
襲いかかるダースベイダー

同盟軍の戦士たちが手から手に
データをわたしていき、最後には
あの「レイア姫」の手にー!

えー!?

偉大なモフターキンといい、レイア姫も
どないして再現しとんの?

調べてみたら、なにやらCGで再現したとか

すごい


偉大なモフターキン役の俳優さんも
お亡くなりになっていたんですね

キャリー・フィッシャーさん
ピーター・カッシングさん
ご冥福をお祈りします。

最後の言葉はまさにレイア姫の
セリフでした


Hope



今週位で上映も終わるようですが
この映画必見です!


ジン・アーソ










スポンサーサイト

ドラマの話でも

今クールのドラマもぼちぼちと
始まったので、ここらでドラマの話を


・突然ですが、明日結婚します
・カルテット
・嫌われる勇気
・就活家族
・下剋上受験
・バイプレーヤーズ
・スーパーサラリーマン左江内氏
・大貧乏
・A LIFE
・視覚探偵 日暮旅人

って、おいおいけっこう見とるやん!


1話2話の中で僕的ナンバー1は、、、

『カルテット』


なんじゃこの4人!

主役もできて準主役でも存在感
抜群の3人と若手バイプレーヤー筆頭

めちゃめちゃおもろい!

『逃げ恥』の後枠やったんで
期待薄でしたが、、、

おもろすぎ!

小道具、セリフ、所作すべてに意味がある

から揚げの話が最高でした

あと元地下アイドル目が笑ってない
吉岡里帆がいい味だしてる

太秦出身とは知らなんだ


それ以外は・・・

実はほとんど途中で見るの止めて
続き見て、、、と

カルテットだけが1時間通しで見た
しかもほぼ2回見てるし

なんか他のドラマはいろんなところで
『逃げ恥』の影響が出てる気がするのは
僕だけ?

カルテットはエンディングに
作詞作曲椎名林檎を主演の4人が
歌うといった、雰囲気も『逃げ恥』とは
真逆やし。。。この演出すごいわ

満島ひかりも元々歌って踊る
アイドルグループやしなあ


左江内~もおもろいっちゃおもろい
賀来賢人がいいキャラだしてるし

なのでムロ&佐藤二郎の黄金コンビを
つかわんでもよかったんちゃうかなあ

鉄板でおもろいんやけどヨシヒコの
直後なんで、、、やりすぎ感が否めない・・・


Life~、悪くない悪くないんやけど
こっちは主役級が個性出しすぎでは?
視聴率はええみたいですが。。。


香里奈はんのドラマもありやすが
やっぱり主役よりも準主役のほうが
役が生きると思う

第一話は、僕の中学生時代の
アイドル南野陽子や石田ひかりが
そんな役なんて!



最終回まで見れるのは
なんやろか?


嫌われる勇気





やばいドラマ?

今クールのドラマもぼちぼち始まって
きましたが。。。


久しぶりに土9をリアルタイムで
見ました。。。


この枠鉄板やわぁ~と期待してましたが
期待通りのおもろさで

しかも佐藤二郎氏出てる~!!!

カラオケ店のフリーター役って


ムロさんも出演しており、どことなく
ヨシヒコ感が、、、おい、その効果音
もろヨシヒコやん!


あ、脚本&演出:福田雄一 やん!

まあ、ぎりセーフかなあ 


で、エンディングを迎え落ち着こうとしたら、、、

えー! エンディングでダンス!


「逃げ恥」やん!


まあ、曲が三代目やし、ノリとしてはありやけど

出演者全員でダンスしたらあかんやろ~


カラオケ店で堤真一と佐藤二郎の逃げ恥は
おもろすぎたけど、ここまでとちゃうかなあ

日テレやし


爆笑の中おわるはずが、なんとなく
後味が・・・


うーん、藤子不二雄の漫画のドラマ化で
錚々たる出演者
(ほぼ全員と言っていいほどすきな役者さん
ばかりやし)


ヨシヒコ+逃げ恥
(=2016年 深夜枠No.1+ゴールデンNo.1)

はちょいやりすぎでは? 

これはどうなんやろかなあ
反響としては、ええ方にいってる
ようですが。。。

なんとなく日テレのターニングポイント的な
ドラマになるような予感が・・・


と今回の感想です。。。



でも2話も絶対見るんやろなあ


saenai.jpg


月刊シナリオ 2017/01

あれ? 全然本文書いてなかった・・・


『シナリオ教室 1月号』を購入。。。

ついでに『月刊ドラマ1月号』と『月刊シナリオ11月号』も
買っちゃいました。


特別寄稿にて、、、

~シナリオは人の心を描きます~
 ~想像力を広げ、他人を見つめることで
  大きく俯瞰でものを見、他人への
   愛情を感じること~


などなど。。。


最近想像力を広げていない
他人を見つめていない
俯瞰(?)

ネットで検索中・・・


俯瞰・・・高い所から見下ろすこと。
     全体を上から見ること

だそうです。。。


していないなあ、、、


で、ほぼ毎年月刊ドラマの1月号は
買ってます。。。

それはヤンシナの選評座談会が
読みたいからっす。。。


これって応募前に読むとかなり参考になる
(一次通ってないから、参考をいかせてないけど)


でめっさ気になるコメントが

~いい刑事もの一本あったら、即採用~

おー、刑事ものかあ~


でも刑事ものなんて書けへ~ん 


ただ最後に・・・
~伝説を作る~
  ~忘れられない作品~
~変化球投げるなら、暴投~


とあったので、今回ヤンシナには
暴投を投げてみようかなと。。。


ひねろうひねろうとネタ考えて
たけど、なんかおもろない話ばっか
浮かんでくるんで、書きたい作品を
書いたるー!


てなテンションです。。。


2017年は、、、

明けましておめでとうござんす!!!


今年は年末から風邪をひいてしまい、、、
晴れ晴れとした陽気ではありますが
絶不調・・・

あ、去年も年末に調子悪かった
休みになると風邪ひくなんて・・・


そんな絶不調な状態で早朝、子供とイオンの
初売りに行ってきましたが。。。


今年は毎年恒例のヤンシナドラマは
すでに年末に見てもうたから
爆笑ヒットパレードになってしまいました。。。


で、今年の目標は、、、

まずは ヤンシナ 参戦で


あと、「やりたいことをやる」 !

ですかね。。。


去年は主要なシナリオコンクールには
そこそこ参戦できましたが、もっと書きたい


やっぱやりたいことの一番はシナリオ書くこと


今年も書き続けることを頑張っていこうと
思います。。。

頑張るで~!!! 

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。