月刊ドラマ 2012年7月号

先日買った『月刊ドラマ7月号』から気になる言葉が。

『生かすの殺すの”構成”次第・・・
~コンクールでどう印象に残すか?必要なのが”歪”感です~
~構成がしっかりと組まれドラマ(葛藤)が生まれていれば
自然とセリフは生きてくる~
~自分が伝えたい!という気持ちよりも”どうやったら、
受け取ってもらえるか”~
~ト書きは役者さんや監督につたわりやすいものを、お客さん
(視聴者)にはより印象に残るセリフを~』


自分が伝えたい!と思って書いているはずやけど、
全然、観る(読む)人にどう受け取ってもらえるか、なんて
考えていなかったですわ。。。

なんかそんなことを考えて書いていたこともあったかも
しれませんが完全に忘れていました・・・

そんな事を振り返り、イルミナ作品、書いておりましたが
相変わらず、ストーリーを書いているだけに思え、結果、
今年もまた参戦できず・・・

今年の最大の目標としていたのに・・・
何してるんやろ、俺・・・

また来年まで、この作品はお蔵入りとなってしまいましたが
なんかけっこう思い入れがあるネタになってしまったので、
納得がいくものが書けるまで、頑張ってみようと思います。

最近のシナリオコンクールの受賞者をみていると、けっこう
同じ名前があるような。ただ、こういう方って勢いだけでなく
(もちろんそれもあると思いますが)、しっかりと勉強してちゃんと
実力がついているんだと。

前にS1の公開講座で、浅田先生が、練習せずに試合してる
だけじゃだめ、と言っていたことを思い出します。
まさに今の僕です・・・

といいつつも、落ち込んでいてもしょうがないので、気持ちを
切り替えて次回へ望もうかと

(9/24)第23回シナリオS1グランプリ
(10/31)第6回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクール
(10/31)平成24年度 橋田賞新人脚本賞
(11/末)テレ朝(募集要項はまだ出てないけどあるはず)

結局シナセンには通うことができないので(でも通学あきらめてないよ)
コンクール作品を書きながら、今までやってきたことを振り返り
勉強していこうと思います

スポンサーサイト

コメント

Secret

トリハダ

最近、トリハダシリーズにハマってます。
意外と借りられてて、なかなかゲットできず、
買い物帰りは必ずレンタル店をチェックして
しまいます。kyo介さんのせいです(笑)

kyo介さん、2時間ものは参戦しないんですか?
wowowとか城戸賞とか。

Re: トリハダ

マイロさん

> 最近、トリハダシリーズにハマってます。
お、ハマってますね。
一押しは『雑音と無音の因果律』です。
このロケ、前に働いていた場所の隣の駅で
撮影していたというのもあり、またけっこう
怖い・・・サブイボものです。

僕もトリハダシリーズはまだ3しか見ていないので
見てみたいです。

> kyo介さん、2時間ものは参戦しないんですか?
> wowowとか城戸賞とか。
前に、エンジェルロードで2時間もの書いたことありますが
やっぱり、2時間は恐ろしく大変ですわ。

挑戦してみたいですけど、城戸賞は敷居が高そうですし
WOWOWは『蛇の人』の衝撃が忘れられず・・・

でも頑張ってみたいですね。

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR