『身の上』について

小説『身の上話』を読みました。。。

ドラマ『書店員~』を見終わってから1ヶ月以上経った
っちゃけど

小説だけの感想を言わせてもらいますと、、、

めっさおもろかったです

佐藤正午氏の小説は初めて読みましたが、独特の世界感と
言い回しに引き込まれました。。。

最初はここまでの説明必要?とか思ってたけどスマソ



<<↓以下ネタばれが含みます >>

ドラマとの相違点
・ミチルの家族構成>>腹違いの弟がいる
・ヨコブー
・豊増に子供がいる
・高倉さんの久太郎殺人動機+α>>自営の事
・例の千秋のセリフがない・・・
「ミチルが持っていた写真に写っていたのは千秋」

ドラマ同様、最初はたんなるいい加減な女性の話、
みたいことから始まり、フライパン殺人事件を
きっかけに急展開

なんとなく小説にあわせたシーンの割合だったのでは。
香月(大森南朗)の告白も小説のボリュームと同じくらいの
割り合いでドラマも設定されてた気がします。

小説のオチはたしかにおもろいです

ただそれをドラマで伝えるのが難しかったのでは?
(え?僕が理解できなかっただけ?)


ドラマを見た時、香月の妻殺人事件は最終話でいらんやろ?
と思っていましたが、この話(モンスター竹井)の決着をつける
には必要な事象でありました。

なるほど、、、やられました

ドラマではなんとなくやり過ぎ感を感じてしまいましたが・・・


話しのオチは理解できたと思うのですが、やっぱり千秋の
写真の話しは全くわからず・・・

そんなに母親との教会の話しも重要ではない気もしたし・・・

なぜドラマであのシーン( 車で千秋とミチルが話している
時に、ミチルが後生大事に持っていた写真がミチルと母親で
はなく、写っている子供は実は千秋だった )が追加された
んでしょうね~、、、

なぞです・・・











スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR