新幹線にて

今週は夏休みをとり、帰省を、、、
そしてすでにUターンして戻ってます

帰りの新幹線にて、こんな事がありました。

突然、車内放送にて「お客様のなかにお医者様は
いらっしゃいますでしょうか・・・」

急病人がでたらしく、協力お願いしますと。

ドラマではこんなシーンよくあるけど、まさかの
遭遇をしてしまいました。。。

2度同じ放送が流れ、周りを見渡すも、それらしき
動きをする人もないので同じ車両には医者はいない
のかなと、、、

そんななか3度目の放送がなり、
「赤ちゃんが急病になり、ご協力をお願いしております・・・」
「お医者様か看護婦の方がいましたら・・・」など状況が
切迫している雰囲気に。

医者でない僕は何もできることがなく、どうなっているん
やろとそわそわしてましたが、、、しばらくたち、、、

「お医者様が駆けつけていただき、看護にあたっております・・・」

おーっ、すごい! ちょっと安堵感

発熱か、いや、何か事故があったのか? など想像を
していると、、、

「~駅にて緊急停車致します・・・」

おー、なんと! 大丈夫なのか?

そして、通過する予定の駅に緊急停車しました。
時間がかかるのかなと思いきや、3分程度の停車の後
発進、、、一瞬窓から様子が見えるもなにがなにやら
で何もわからず。

ふーっ、大丈夫だったのでしょうか。

しかし、そんな緊急停車があっても同じ車両に乗って
いた乗客からはなんの文句もなく、
みんな同じ気持ちで心配していたのかなと、なんとなく
人の優しさにふれた気がしました。

休暇中(たぶん)にもかかわらず、駆けつけた医療関係の
方(々)に敬意を表します。

素晴らしいです!





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR