月刊シナリオ教室 2013/09

『月刊シナリオ教室 9月号』を購入。

夏休みも終わり、明日から新学期かあ~
って、もう9月、こんな暑いのに・・・
夏はまだ終わりまへーん

今月も池袋のジュンク堂に買いに行きました。
定価650円と書いてあるので、今回こそは
消費税のこと聞いてやろとレジに向かい、、、

あ、荒木飛呂彦先生の『超偏愛!映画の掟』
も買わねば、と思い、地下1Fへ、、、

シナリオ教室と2冊持って1Fのレジに行こうと
してふと『超偏愛!~』の値段を確認すると
定価 本体740円+税 と書かれている。

あれ? シナリオ教室には定価650円と、

これって(+税=)税抜き金額のことかと。

結局、何も言わず精算されるの待って、
支払額が1,427円。

あ! やっぱりシナリオ教室は内税で
650円やん!

先月やはり消費税を多く払わされていた・・・
ま、ええか


↓今月号の気になる言葉
『創・作・の・ツ・ボ』にて
知識と経験に裏打ちされて生まれるが、ひらめき


『特別寄稿』にて
「映像は小道具」、ドラマとは「人間を描く」こと、
キャラクター設定を作りこみ、葛藤、対立、相克を


『シナリオパラダイス』にて
そのセリフを言う人物のキャラクターなら
ではのセリフ


何度も聞いているような気もするのですが、
結局のところ、僕の作品、毎回なにかが
抜けてるようで、、、

勉強させていただきます


『スターマン~』のシナリオが掲載されていますが
そういえばこのドラマ見ていない・・・
シナリオ読もうと思います。


P.S.
『超偏愛!映画の掟』は物語を考えるに
あたり、荒木先生の考え方などがのっており
おもしろいので読み終わったら感想書きまーす。


スポンサーサイト

コメント

Secret

お久し振りです!

相変わらず頑張ってみえますね。
私は、NHK以来、全く手が付かず、
ひと夏をぐうたらと過ごしてしまって、ちょっと自己嫌悪気味。
コンスタントに地道な努力を続けているkyo介さんを見習って、
心機一転、秋の夜長に懸けようと思ったりもするのですが、
やっぱり、いまいちテンションが…。
kyo介さんの次のターゲットは何ですか?

正にその人ならではの台詞

「ドラフトが終わるまでは…」

Re: お久し振りです!

around50さん

お久しぶりでーす!

> ひと夏をぐうたらと過ごしてしまって、

僕もです、、、
実際にシナリオは書いてないんですよね。
なんかスマホで遊んでるだけのような
気がします・・・

> kyo介さんの次のターゲットは何ですか?

今年も、富士山+テレ朝ですかね。
around50さんは次回何に参戦予定ですか?


そんなこんなですでに9月になり、、、
ちょっとヤバシです( 一一)

Re: 正にその人ならではの台詞

とっつあん

> 「ドラフトが終わるまでは…」

まさに、このセリフにやられました。
このセリフがあったことでこの映画の
印象が完全に変わってしまい。。。

おもろい映画でした。
ちょいグロいシーンもありましたが。

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR