ドラマ『八日目の蝉』

映画の影響もあってか、NHKでドラマ版『八日目の蝉』が
再放送されてました。

う、う、ドラマはドラマで感動してしまった・・・

(↓以下ネタばれが含みます)
ドラマは小説と同じように、希和子(壇れい)の視点での展開。
映画よりも小説に忠実だったのでは。

大きく違うところは、文治(岸谷五朗)という男性がでてきたこと。
いや~、よかったですねえ、映画と小説読んだ後、なんか
小豆島で希和子を好きになる男性がいてもいいのでは?と
なんとなく考えていたんですが、まさかドラマ版にて
それが叶うとは! 

ドラマ版は、文治(岸谷五朗)の言動に泣けてしまった・・・

そのほかの配役もよかったのでは。
ただ、映画で写真館の店主(田中泯)とドラマの藤村俊二
とのギャップが・・・

千草(高橋真唯)はあまり存在感がなかったなあ・・・
映画ほど千草は重要な役どころでもなかったからかな。

エンジェルさんは余貴美子の方が怪しくてよかったかも。

映画、小説に続き、ぜひぜひ見てもらいたいドラマです。
必見です!!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

Kyo介

Author:Kyo介
人生の岐路に立たされ、今後の人生設計について模索中のなかシナリオライターの道に目覚めたアラフォー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR